任意売却の住宅ローン救済センターTOP » 分割払いの権利を失う

分割払いの権利を失う

 

分割払いの権利を失うということは?

住宅ローンなどのお金を借りる際に、契約書に、毎月○○日までに指定口座に支払うことと書かれています。

このように返済日の期限を指定されております。

この支払日を指定されている事を逆の見方をすれば、支払期限が来るまでは支払わなくても良いということです。

支払わなくても良いということは、この間に銀行ないし金融機関からは支払の催促もされないということになります。

期日が来るまでは支払わなくても良いという状況はお金を借りている側の利益と考えられています。

このことを期限の利益といいます。( 民法136条)

しかし、契約書に書いて有ると思うのですが、ある一定期間、ローンの返済が滞ると、この期限の利益を失うことになります。

期限の利益を失うことを期限の利益の喪失といい民法137条で定められております。

毎月の分割払いの権利を失う分けですから、銀行/金融機関から全額一括返済を要求されても拒否は出来ません。

全額一括のための現金が用意できない場合には、金融機関が抵当権を付けているマイホームを競売にかけて強制的に現金化して融資金額を回収します。

このような状態になりましたら、私たち住宅ローン救済センターにまずはご相談下さい。

 

ご相談フォームはこちら

ご相談フォームはこちら

成功の秘訣5ヶ条プレゼント!
  • 無料電話相談
  • お問い合わせ