任意売却の住宅ローン救済センターTOP » 仲介専門業者と買い取り専門業者の違い

仲介専門業者と買い取り専門業者の違い

専門家として、不動産任意売却業者の選択についてお話させて頂きます。

不動産任意売却業者には大きく分けると2種類あります。

1.不動産任意売却 仲介専門業者

2.不動産任意売却 買い取り専門業者


業者を選ぶ時には、ご自身がどちらを選択するかよくお考えになってください。

不動産任意売却仲介専門業者、不動産任意売却買い取り専門業者を選択するときのメリットとデメリットについて、ご確認下さい。

★不動産任意売却仲介専門業者


メリット:  一般市場に公開して販売するので、高く売れる可能性があります。
      大手仲介業者に依頼出来る可能性があります。


デメリット: 仲介の為、買主が見つからない場合があります。
      一般のお客様(検討者含む)に家の中を案内する必要があります。
      購入者が一般個人のため、所有権移転前に引っ越さなければなりません。

★不動産任意売却買い取り専門業者


メリット:  任意売却不動産買い取り専門業者と直接話せるので、買い手との意思疎通が取れます。
      仲介手数料がかかりません。
      買取業者以外に家の中を見られることがありません。
      場合によって賃貸で貸してくれる場合があります。
      買い戻しの相談が出来る場合があります。


デメリット: 一般市場で売るより安く買い取られる場合が多いです。(仲介手数料は掛かりません)

上記のように、それぞれメリット・デメリットがりますので皆様の状況によってどちらが良いかが決まります。

まずは、当住宅ローン救済センターへご連絡ください。

ご相談フォームはこちら

ご相談フォームはこちら

成功の秘訣5ヶ条プレゼント!
  • 無料電話相談
  • お問い合わせ