競売のデメリット

 

競売のデメリット

競売のデメリットを紹介します。

競売で落札された金額は債権者に支払われます。しかし、配当の順位によっては全く手元にお金が貰えない債権者もおられます。

当然回収できない債権者は回収するために、給与差し押さえなど色々な手段を使うことになります。

債権者は相談者様が誠意を見せなければ徹底的にあらゆる手段を講じるケースがあるという事を 肝に命じてください。

競売は自宅が強制売却となり、その後も残債の返済に追われ精神的に苦しくなり、離婚自己破産など人生がボロボロで途方にくれる確率が高いとう現実があります。

売却後の生活などを考えると競売より任意売却の方が新しい生活気持よく送れます。

とにかく、競売になる前に任意売却の決断をすべきです。
 

競売や任意売却に関することは、住宅ローン救済センターのような任意売却専門業者にご連絡ください。

 

ご相談フォームはこちら

ご相談フォームはこちら

成功の秘訣5ヶ条プレゼント!
  • 無料電話相談
  • お問い合わせ