競売後の自己破産

 

競売後

残債務から逃れるには自己破産?

競売での売却でも、任意での不動産売却でも自己破産をしない限りは返済しきれ無かったローンは残ってしまいます。
当然、残った債務に対しても、返済の義務は継続することになります。

競売では、残債の問題にあらかじめ手を打つ余地がありません。
残こる債務に何らの手を打つこと無く、競売は終わってしまい、その後にあらためて残債に対処せざるをえないことになります。

自宅を取り上げられた後も、多額の残債の返済に追われるのでは、困難な状況が続くことになります。
残債務が残るという意味では、競売も任意売却も変わらないかもしれません。

しかし、不動産を任意売却で処理をしておけば、その後の残債の返済内容が大きく異なるのです。

まずは、私たち住宅ローン救済センターにご連絡ください。

ご相談フォームはこちら

ご相談フォームはこちら

成功の秘訣5ヶ条プレゼント!
  • 無料電話相談
  • お問い合わせ