任意売却のケース

 

任意売却

お持ちの不動産が担保割れで、オーバーローン状態になっていますか?それなら任意売却をお考え下さい。

「来月の住宅ローンの支払いは可能でしょうか?」
住宅ローンのボーナス払いが難しい。
毎月の支払いの滞納がある。
銀行から、住宅ローン支払いの督促状, 催告状が届いた。
住宅ローンの支払いのリスケジューリングが出来ない。
競売決定通知が来た
このようなケースならば、任意売却をお勧めします。

具体的には、下記のケースにあなたがあてはまれば、任意売却を強くお勧めします。

住宅ローンが返済できず、催促状が来ている方

住宅金融支援機構(住宅金融公庫), 銀行等の債権者から催告状, 督促状が郵送されて来ている貴方は、このまま放置して置くと確実に競売になります。

不動産をお持ちの自営業者の方で、住宅ローン以外の借入金があり、返済できずにお悩みの方

事業の運転資金と住宅ローンの支払いが難しい場合も、任意売却をお考えになられた方が良いです。

債権者から所有する不動産に対して、競売を申し立てられてるいる方

貴方のケースは時間的に余裕は全くございません。 一刻も早く任意売却へ切り替える手続きをすべきです。

借入金が多く、破産申し立てを考えている方、申し立て中の方、免責が決定している方

多重債務をしてしまっている貴方の場合は、遅かれ自宅を手放さなくてはならないと思います。

その他、不動産関係(借地・相続税)の事でお悩みの方、お持ちの不動産が頭痛の種になってきてしまっている方

まずは、私たちに、一度ご相談してみては如何でしょうか?親身になってお話させて頂きます。
 

ご相談フォームはこちら

ご相談フォームはこちら

成功の秘訣5ヶ条プレゼント!
  • 無料電話相談
  • お問い合わせ