任意売却意思確認

下記のような通知を無視すると競売になります。

住宅ローンの滞納をしているあなたを競売にしないように、債権者側からこのような通知によって救済の手続きがあります。この通知を無視すると「競売」になりますのでご注意ください。

 


 

 

123-4567

東京都

○〇〇◯ 殿

 

〇〇

 

 

平成16年 9月 10日

 

東京都
〇〇株式会社

任意売却意思のご確認

前略
貴殿がお借入の年金住宅融資は、債務返済の延滞によって保証委託契約に基づき、弊社が保証履行しましたことは別便の通知書にてご連絡の通りです。
現在、弊社は、債権を回収するための法的手続き (不動産競売等) の準備を進めています。
但し、不動産競売による貴殿所有の不動産処分価格は、一般的に任意売却 (ご自分で自宅を売却) による価格に比べ低額となるため、多額の債務が残り返済して行かなくてはならない状態にもなりかねません。 ご自宅を売却し、残債務を最小限に抑えることが最善策であります。
つきましては、ご検討の上本書到着後10日以内に下記担当者宛にご自宅の売却について貴殿の意向をご連絡いただきますようお願いいたします。
尚、ご連絡がない場合には、不本意ですが法的手続きに移行いたしますので必ずご連絡をお願いいたします。
草々

 

 

記 

 

 

 

担 当 者

○〇〇◯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話番号

03-xxxx-xxxx

 

 

 

 

 

『任意売却の申出書』 のご返送は同封した返信用封筒をご利用ください。
:切手は不要です



任意売却で売却すれば、債務者は残債の整理縮小や債務の再構築を行いやすくなるなど、さまざまなメリットがあります。


また、私たち住宅ローン救済センターに、精神的な負担を軽くし、前向きな姿勢で再出発できます。

 

ご相談フォームはこちら

ご相談フォームはこちら

成功の秘訣5ヶ条プレゼント!
  • 無料電話相談
  • お問い合わせ