不動産親子売買の例

 

親子

不動産を親子間売買において、第三者が一旦購入しその後に買い戻した例

1998年、住宅金融公庫(現・住宅金融支援機構)にて3,000万円+地元の地方銀行にて500万円を借り入れてマンションを購入しました。

そして、勤務先の倒産により、住宅ローンの返済が困難となりました。
そして、住宅ローンを6ヶ月以上の滞納しました。

その結果、裁判所より、担保不動産競売開始決定通知が届きました。

マンションはこのまま、手放したく無いとの強い思いがありましたので、某会社に一旦このマンションを購入してもらいました。

その後、ご子息に住宅ローンを組んでもらい、某会社が買い取ったマンションを買い戻してもらいました。

お父さんには残債約1,800万円発生してしまいましたが、金融機関2社に月々5千円づつの返済をしています。

このようなご相談も私たち住宅ローン救済センターにご連絡頂けます。

ご相談フォームはこちら

ご相談フォームはこちら

成功の秘訣5ヶ条プレゼント!
  • 無料電話相談
  • お問い合わせ